スターウォーズ・ファン

「スターウォーズ」の3D映画への動向

「スターウォーズ」の3D映画への動向

「スターウォーズ」の3D映画への動向について、ご紹介していこうと思います。

関係のある映画人のためのショー・ショー・ウエスト中の2005年3月のルーカスの中で、ロバート・ゼメキスとジェームズ・キャメロンとラスベガスで保持された著名なスーパーバイザー、デジタル映画の遅い増加の劇場の嫌悪問題に関するシンポジウムを行なうことで広がりました。

また観客の出口としてデジタル立体映画の促進、提案および同じ年「スターウォーズ」にすべての6つの作品の立体映画が表現されました。

しかしながら、重大な困難には映画の3Dが伴います。
始めからの従来の技術によって放たれた、3D(特に、エピソード4は、さらにカメラの振動のような下位の写真術状態および非常に困難なデジタルリ・マスターとの作品および特別の編集のCG構成でした)によって撮影された映画と異なった「アバター」が好きです。

そのための3D技術の開発は行なわれますが、これは3DCGモデルおよび地図によって、人と背景のようなシーンのすべての主題の三次元の形式を再生し実行されます。
そこに、時間を消費するルーカスですが、2008年のステージの中で、前のイメージを非常に与える3Dの上で、技術的な目標、経費削減は最も大きな主題として彼にコメントします。

2012年からの1年当たり1つの作品の歩みで一つずつ3Dバージョンを示すことは、2010年に発表されました。

大人気!「スターウォーズ」の内容「スターウォーズ エピソード4」の評価